滋賀県 彦根市・湖東・湖北のリフォーム・増改築・注文住宅【A-くらす】あゆむ・くらし工房へおまかせください。

創業 大正13年からの安心実績
安心リフォームの証。
一般社団法人JBN 全国工務店協会加盟店

  フリーダイヤル   資料請求   注文住宅   イベント情報   お問合せ

屋根カバー工法でリフォームしませんか?

屋根カバー工法について…

屋根の塗装は一般的なリフォームの方法ではあります。
しかし、築年数が経過し、屋根の傷みが激しかったり、変形がある様態では、たとえ塗装をしたところであまり長持ちしません。

カバー工法とは、簡単にいうと、現状の屋根材の上から新しい屋根をかぶせる(カバーする)工法のことです。
塗装よりも長持ちし、既存の屋根の解体や処分する手間がかからないので、葺き替えよりもコストを安くできる上、廃材も少ないエコな工法です。

下記のような方は屋根の塗装NGです!
□10年以上屋根の手入れをしていない
□築年数が20年以上経っている
□建替えまであと30年だと思っている
□屋根がコロニアルのスレート屋根だ
□既に屋根を塗装したことがある
※2ッ以上チェックが入った方はカバー工法をご検討ください

屋根は、ルーフィングという防水シートを下に敷くことで雨漏りを防いでいます。
屋根自体の劣化が少なくとも、25年程経過すると、このルーフィングが傷みだし、雨漏りを引き起こす原因にもなるのです。
屋根塗装を繰り返し行った後に葺き替えをするのでは、結局イニシャルコストもランニングコストもかかってしまいます。ですので、できるだけ早い段階でカバー工法を施工することをお薦めします。
屋根材がカラーベストの場合は特に注意です。

屋根のメンテナンスは家を長持ちさせるために行う工事ですが、状態の悪い屋根に塗装をしても、効果がありません。それではメンテナンスとはいえません。また、そもそも塗装は向かない屋根もございます。

1回の施工にかかる金額を見れば確かに塗装は割安ですが、長期的なスパンで見れば、カバー工法する方が断然コストを安く抑えられるので、実は経済的なのです。

軽量であるという金属屋根の特徴はそのままに、抜群の耐久性や断熱性、遮音性を発揮します。
お問合わせフォームへ
電話でのお問合わせ