滋賀県 彦根市・湖東・湖北のリフォーム・増改築・注文住宅【A-くらす】あゆむ・くらし工房へおまかせください。

創業 大正13年からの安心実績
安心リフォームの証。
一般社団法人JBN 全国工務店協会加盟店

  フリーダイヤル   資料請求   注文住宅   イベント情報   お問合せ

冬対策!水道管編

冬季の水道管などの凍結防止について

冬の冷え込みが厳しいとき、水道管が凍結して水が出なくなったり、破裂することがあります。早めの防寒の準備をしておきましょう。

凍結の目安となる気温・凍結しやすい場所

◎外気温がマイナス4度以下になったとき。(風あたりの強い所はマイナス1から2度)
◎おやすみ前や、旅行などで家を留守にするなど、長時間水道を使用しないとき。
◎「真冬日」(1日中外気温が氷点下の日)が続いたとき。

凍結しやすい場所

◎水道管がむき出しになっているところ (給湯器に接続している配管等)
◎水道管が戸外や北向きの日陰にあるところ (散水栓、湯沸かし器の元栓等)
◎北向きにある水まわり (洗面所やトイレの蛇口等)

水道管の凍結を防止する方法

1.保温材の取付け

屋外のむきだしになっている配管や散水栓には保温材の取付けが効果的です。ただし、古くなり表面のテープ等が損傷すると効果が薄れることから、取替えをおすすめします。さらに、凍結防止には凍結防止ヒーターの取付けがより効果があります。
保温材の取付けも行っていますのでご相談ください。(有料)

2.少量の水を出しておく・水を抜く。

蛇口や水道管が凍らないために、就寝前に鉛筆の太さくらいの水を出しておく。

3.一晩中「追い炊き状態」にしておく

屋外の給湯器(またはボイラ―)付近の凍結防止として、風呂水を循環口より少し高い位置まで排水し、風呂温度を最低(35度程度)に設定し一晩中「追い炊き状態」にしておく方法もあります。なお、蛇口を開いて浴槽にお湯をはるタイプのものでは、この方法はできませんので注意してください。
※最近の種火のない給湯器では「リモコンの電源を入れておく」だけで、外気温が低下すると自動的に「凍結防止ヒーター」が作動するものがありますので、電源を入れたままご就寝ください。詳細は取扱い説明書で確認するか、お問い合わせください。

水道管が凍ってしまい、水が出なくなったときの対処法

1.蛇口や凍結している配管にタオルをかぶせ、その上からゆっくりと「ぬるま湯(50℃程度)」をかけて溶かします。
※ 急に熱湯をかけると、蛇口や水道管が破裂することがありますので、注意してください。
(凍結している箇所に直接熱湯をかけると、ガラスのコップと同じように破損する場合があります。)

水道管が破裂したとき

1.まず、水道メーターボックス内にある元栓を全閉にしてください。
2.メーターボックスが雪の下になり位置が不明なときは、破損した部分に布かテープを巻き付け応急手当してください。
3.水を止めた後、当社にご連絡いただくか、またはお近くの指定給水装置工事事業者に修繕をお申込みください。(有料)

お問合わせフォームへ
電話でのお問合わせ